【Googleアナリティクス】データが消えちゃう?データ保持期限の設定が必要に

Web解析の疑問
日本でも世界でももっとも使われているアクセス解析ツールの「Googleアナリティクス」。
数多くのアクセス解析ツールを無償で利用できることが魅力のサービスです。

このGoogleアナリティクス、今まではアクセス解析の情報は無期限で保持されていましたが、今後データ保持期限の設定を変更するとの発表がありました。
Google アナリティクス管理者の皆様
Google は本日、詳細な管理が可能なデータ保持設定を導入し、Google のサーバーに保存されているユーザーデータとイベントデータの保持期間を、お客様ご自身で管理していただけるようにいたしました。2018 年 5 月 25 日より、ユーザーデータとイベントデータはこの設定に即して保持されるようになり、ご指定の保持期間を過ぎたデータは、Google アナリティクスによって自動的に削除されます。なお、この設定は集計データに基づくレポートには影響しません。
おそらくGoogleアナリティクスを利用している方にはこのような内容のメールが2018年4月に届いていると思います。

Googleアナリティクスの管理設定の中に「データ保持期限」の項目が追加され、設定を変更しないデフォルトの設定のままだと「26ヶ月」前のデータから自動削除されるようです。

数年前のデータと比較することはアクセス解析において必要になるケースがあると思います。
設定変更の手順は下記のようになります。
Googleアナリティクスデータ保持設定変更方法1
1. Googleアナリティクスを開き、歯車マーク(管理メニュー)をクリックします。

2. 真ん中のカラムにある「トラッキング情報」をクリックします。
Googleアナリティクスデータ保持設定変更方法2
3. トラッキング情報をクリックすると下に表示されるメニューの中から「データ保持」をクリックします。
Googleアナリティクスデータ保持設定変更方法③
4. ユーザーデータとイベントデータの保持画面で「自動的に期限切れにしないを選択し、「保存」ボタンをクリックします。
この作業はGoogleアナリティクスを使っている全てのサイトで同じことをすることでデータ保持期限を無制限に設定できます。

いかにGoogleでも全世界で利用されているGoogleアナリティクスのデータを半永久的に保存し続けることは難しくなってきたようですね。
今後、もしかしたら同様にGoogleが提供しているサーチコンソールなどのその他のサービスでも同様にある程度経過した過去のデータが見られなくなる可能性もあるかもしれませんので、今後注意が必要と思います。