Webサイトのスマホ対応が更に重要に!モバイルファーストインデックスについて

スマートフォンと操作する手
2018年3月27日、Googleから今後、パソコンサイトではなくスマホサイトをページ評価の基準とする施策を発表されました。


従来は、キーワードで検索した際に表示されるページは、PC版サイトを主に評価対象としてきました。
それが今後はモバイル版のページが評価対象となってきます。

このモバイルファーストインデックスが今後Webサイト運営において、どのような対応が必要なのかをまとめてみました。

モバイルファーストインデックスへの対応

モバイルファーストインデックスに対応していくためには、次の対応が必要になってきます。

(1)全サイト、全ページの速やかなモバイル対応
現在、モバイル対応(スマホ対応)していないホームページはもちろんですが、スマホサイトとPCサイトの内容が異なっているようなホームページは特に注意が必要です。
スマホ対応している地域ポータルサイトにリダイレクトしているWebサイトや予算の関係でスマホサイトの内容を簡易的にしている場合も見受けられます。
その場合には、スマホサイト側が評価の対象となってしまうと、今までの検索順位から大幅に下落してしまうことも考えられます。
今一度、スマートフォンでどのような表示がされているかを確認する必要があります。

(2)モバイル対応をするだけでなく、ダウンロード速度を早くする

2018年1月18日に、Googleはページの読み込み速度をモバイル版サイトの検索順位の評価の要素に使用すると発表しています。
今回のモバイルファーストインデックスも含めて考えると、今後読み込みが遅いホームページは検索順位に大きな影響が出ることが考えられます。

モバイルファーストインデックスはすでに始まっています

実際にGoogleやYahooなどの検索エンジンでの検索数も2015年以降は、PCよりスマホなどモバイル端末の方が多くなってきています。
ホームページに訪問してくれるかもしれない潜在的なユーザーもスマホからのアクセスが多くなってきているのが現在だと思います。
検索エンジンは、検索ユーザーにとって使いやすいということを念頭に進歩していっていますので、今回のモバイルファーストインデックスは必然的なものではあります。

モバイル対応無料診断行なっています。

集客できるホームページ制作.福島.JPでは、ホームページがしっかりとモバイル対応しているかどうかの無料診断を行なっています。
具体的にどのような施策を取ればいいのかのアドバイスもいたしますので、お気軽にご相談ください。